ブログトップ

ヒメニラの小部屋

hananira.exblog.jp

小さくて可愛らしい花

8月17日
 Aさんに声を掛けて頂き、花仲間5人で小樽自然の村から天狗山への山道へ植物観察に出かけました。小樽駅から無料のマイクロバスが出ているので有難いです。登山道をゆっくり歩きながらの観察はとても楽しいです。
ヨツバヒヨドリが沢山咲いていてとても綺麗でした。
b0176650_17324940.jpg
b0176650_17334149.jpg
エゾアカバナ
          エゾアカバナは、柱頭が4つに裂けることが見分けのポイントだそうです。
b0176650_1735122.jpg
エゾチドメグサ
b0176650_17364190.jpg
b0176650_17375163.jpg
アブラガヤ   この時期のアブラガヤは若くて結構綺麗だなと思いました。
b0176650_17383374.jpg
オオハンゴンソウオオハンゴンソウ
b0176650_17401468.jpg
b0176650_17405054.jpg
オトギリソウ
b0176650_1742068.jpg
エゾノコンギク
b0176650_17423466.jpg
ミヤマトウバナ
b0176650_1743638.jpg
b0176650_1743397.jpg
クマイチゴかな?
b0176650_1744638.jpg
コバンコナスビ
b0176650_1745670.jpg
ツルニガクサ
b0176650_17455145.jpg
b0176650_17463013.jpg
ノブキ
b0176650_1747685.jpg
b0176650_1747329.jpg
エゾスズラン
b0176650_17475136.jpg
オオヤマサギソウ
b0176650_17482350.jpg

b0176650_1749965.jpg
コイチヤクソウ花が咲き終えて真っすぐにたち上がって来ています。(背が真っすぐに伸びて来て羨ましい!)
b0176650_17493743.jpg
ここまで来てお弁当を食べ始めたところ、予想外の雨になり引き返して、帰りのバス時間まで自然の村のおこばち山荘で休んで来ましたが、とても楽しい一日でした。
[PR]
# by hananira-negika | 2017-08-17 18:09 | Comments(0)
8月10日
Y先生からヒキヨモギの花の情報を頂いたので、花仲間6人で観察に出かけました。初めて観るお花に感動しました。
ヒキヨモギ(ハマウツボ科)
 半寄生の1年草。(半寄生とは、葉緑体を持ち自分でも光合成を行なうが、根の一部を他の植物の根に食い込ませて養分を奪うという性質も併せ持つ生活形態)
b0176650_21415218.jpg

上唇は外側に長軟毛が生え、内側には4本の雄しべと花柱を包む(上唇の内側から見えているのはよく分かりません。)
b0176650_23103048.jpg
b0176650_9173824.jpg

b0176650_9182112.jpg
b0176650_9193014.jpg

他にも沢山の花が観られました。

ヤナギバヒメジョオン     初めて観ました。
b0176650_10215532.jpg
b0176650_108207.jpg
ヤナギバヒメジョオンの葉
b0176650_1085666.jpg
ヒメジョオン
b0176650_1023798.jpg
ヒメジョオンの葉
b0176650_10244437.jpg
ハナイバナ
b0176650_10383025.jpg
b0176650_13581372.jpg
テマリツメクサ
b0176650_11165150.jpg
b0176650_11173532.jpg
クルマバナ
b0176650_11201230.jpg
b0176650_11205019.jpg
ミツモトソウ(バラ科)
b0176650_1122961.jpg
エゾノミツモトソウ(バラ科)
b0176650_11225954.jpg
ダイコンソウ(バラ科)
b0176650_12193449.jpg

フタバハギ
b0176650_9222918.jpg
ツリガネニンジン
b0176650_9233365.jpg
オニユリ
b0176650_9244949.jpg
ガガイモ
b0176650_104375.jpg
チョウセンゴミシ
b0176650_1052661.jpg
ツユクサ
b0176650_1061244.jpg
オトギリソウ
b0176650_10302645.jpg
コケオトギリ
b0176650_13562666.jpg
ナミキソウ
b0176650_10321245.jpg
茎は断面は四角く全草が軟毛です。
b0176650_10324558.jpg
ビロードモウズイカ
b0176650_1040343.jpg
ヤナギタンポポ
b0176650_10422434.jpg
カセンソウ
b0176650_10434262.jpg
b0176650_10441992.jpg
ゲンノショウコ
b0176650_10461948.jpg
エビガライチゴ(ウラジロイチゴ)
b0176650_10465052.jpg
ノリウツギ
b0176650_1048575.jpg
ミミナグサ
b0176650_10495099.jpg
ハキダメギク
b0176650_10502397.jpg
ナギナタコウジュ
b0176650_10513255.jpg
b0176650_1052102.jpg
クサフッジ
b0176650_10541033.jpg
イシミカワ
b0176650_105635100.jpg
b0176650_10571721.jpg
マメグンバイナズナ
b0176650_10592985.jpg
b0176650_1102376.jpg
オトコエシ
b0176650_1125613.jpg
b0176650_1132680.jpg
クサレダマ
b0176650_1162853.jpg
ネジバナ
b0176650_11251160.jpg
白いムラサキツメクサ
b0176650_11253841.jpg
ヤブマメ
b0176650_11303883.jpg
ノリウツギ
b0176650_11311386.jpg
ツリフネソウ
b0176650_127482.jpg
サワヒヨドリ
b0176650_1274262.jpg
ブタクサ
葉は綺麗ですが花粉アレルギーを引き起こす植物として有名。
b0176650_1283853.jpg
b0176650_1292615.jpg
b0176650_1295562.jpg
キタノコギリソウ
b0176650_1215282.jpg
  往復で3700歩程の散策路でしたが、時間をかけてゆっくりと植物観察が出来、こんなに沢山のお花が観られてとても楽しい一日でした。同行して下さった友に感謝です。
[PR]
# by hananira-negika | 2017-08-10 21:15 | Comments(0)
8月5日
 花散歩の仲間4人で登満別に行ってきました。
b0176650_21314154.jpg
ミクリ
b0176650_21322884.jpg
ミクリの雄花と雌花(黄色が雄花)
b0176650_21332823.jpg
b0176650_21351252.jpg
エゾシロネ
b0176650_21355858.jpg
カノツメソウ
b0176650_21364117.jpg
b0176650_21372653.jpg
ミヤマヤブタバコ
b0176650_21382022.jpg
b0176650_21385693.jpg

原の池
b0176650_21401822.jpg
b0176650_21412171.jpg
エゾミソハギ
b0176650_2142402.jpg
ヒメナミキ
b0176650_21433182.jpg

カイツブリの親子が沢山泳いでいました。
b0176650_21451912.jpg
b0176650_2146366.jpg
b0176650_21475338.jpg
フサモ
b0176650_740794.jpg
アブラガヤ
b0176650_7404350.jpg
サカハチョウ
b0176650_7412744.jpg
b0176650_7415785.jpg
ミヤマアキノノゲシ
ミヤマアキノゲシとヤマニガナの違いを教えて頂きましたが、近くにヤマニガナの花がなかったのが残念です。
b0176650_742209.jpg
ミヤマアキノノゲシは葉身が先のとがった三角形で、基部は翼のある柄となって広く茎を抱きます。
b0176650_7454076.jpg
b0176650_8182612.jpg
ツチアケビ
今年初めて出会ったツチアケビですが、残念なことに倒れた大木の間からやっと顔を覗かせていました。
b0176650_7511699.jpg
イヌゴマ
b0176650_7541689.jpg
b0176650_7551010.jpg
ツルニンジン
b0176650_80262.jpg
オオヤマサギソウ
b0176650_817167.jpg
b0176650_8173952.jpg
イヌトウバナ
b0176650_819163.jpg
ムカゴイラクサ
b0176650_820038.jpg
イケマ
b0176650_8203772.jpg
ヨツバヒヨドリ
b0176650_8214361.jpg
b0176650_8221888.jpg
キミノエゾニワトコ
b0176650_8234745.jpg
キンミズヒキ
b0176650_8242297.jpg
b0176650_8244914.jpg
b0176650_8251649.jpg
b0176650_8262972.jpg
エゾノミツモトソウ
b0176650_8274612.jpg

[PR]
# by hananira-negika | 2017-08-05 21:29 | Comments(0)
8月3日
 樽前5合目の林の中で
コイチヨウラン
コイチヨウランが沢山咲いていて感動しました。
b0176650_18283710.jpg
b0176650_1829479.jpg
アリドオシラン
b0176650_1831331.jpg
b0176650_1831559.jpg
エゾスズラン
b0176650_1834885.jpg
ウメガサソウ
b0176650_18331368.jpg

 樽前7合目登山道
ミヤマホツツジ
b0176650_16481363.jpg
シラタマノキ
b0176650_16485890.jpg
アスヒカズラ
b0176650_1649497.jpg
イワヒゲ
b0176650_16503810.jpg
イワブクロ
b0176650_16512096.jpg
ノギランとモウセンゴケ
b0176650_16521684.jpg
ノギラン
b0176650_1653590.jpg
ネジバナ
b0176650_1654491.jpg
ハナヒリノキ
b0176650_1655494.jpg
b0176650_16574838.jpg

[PR]
# by hananira-negika | 2017-08-03 23:43 | Comments(0)
8月3日
「花散歩の会」の8月例会で樽前方面へ行きました。
アオハダ
支笏湖の休暇村の所でアオキを観察しました。数年前にも2度ほどここでY先生から説明をお聞きしましたが、短枝と言う言葉だけは覚えていて、あとはすっかり忘れていました。樹皮は薄いので硬い物でこするとはがれて緑色の皮層がでます。道内では石狩より以南と言うことですが、余りよく分からないのでネットで調べて見ました。
   アオハダの葉は、長枝では葉は明瞭に互生するが、短枝に付く葉は数枚が輪生状となる。
   花は6月頃短枝の先端に葉腋から1~2つく。果実は秋に赤く熟す。雌雄異株だそうですから
   この木は雄かな?
b0176650_181394.jpg
短枝
b0176650_182235.jpg

口無沼
色々なお花が沢山観られれて感動しました。
エゾノミズタデ
水中と陸に生える型があるようです。↓は水中と陸との中間でしょうか?
b0176650_21273935.jpg
↓は陸性?
b0176650_21292955.jpg
ホザキノフサモ
下の方の白い花が雌花で上の黄色い花が雄花。
b0176650_21304562.jpg
ツルニガクサ
b0176650_21335045.jpg
ホザキナナカマド
b0176650_21361833.jpg
b0176650_2137313.jpg
トンボソウ
b0176650_21422791.jpg
b0176650_21424546.jpg
ヘビイチゴ
b0176650_21434883.jpg
ホザキシモツケ
b0176650_21452730.jpg
イワツツジ
b0176650_21462370.jpg
ヒメシロネ
b0176650_21475114.jpg
b0176650_21482812.jpg
イカリソウ
b0176650_2149765.jpg
オトギリソウ
b0176650_21495293.jpg
ハイオトギリ
b0176650_21504310.jpg
b0176650_21511023.jpg
ハイオトギリの葉
b0176650_21513025.jpg
コケオトギリ
b0176650_21524734.jpg
b0176650_21531670.jpg
クサレダマ
b0176650_21553695.jpg
エゾノミツモトソウ
b0176650_2231010.jpg
エゾノミツモトソウの花弁はがく片より短い
b0176650_21583735.jpg
シャクジョウソウ
b0176650_2243551.jpg
b0176650_2262768.jpg
エゾナミキ
環境省の絶滅危惧II類(VU)   ナミキソウとは四角い断面の茎の稜上に短毛が上向きに生えていることが違いだそうです。
b0176650_14562511.jpg
b0176650_14575163.jpg
茎は四角形で、その稜にだけ上向きの短毛があるそうですが、はっきりは分かりません。
b0176650_1525063.jpg
左側の下唇に斑紋が見られるのがエゾナミで、ナミキソウの下唇には斑紋がありません。
b0176650_1571956.jpg

[PR]
# by hananira-negika | 2017-08-03 20:56 | Comments(0)